情報漏洩を行う会社

悪質な復縁工作を行えば復縁の可能性が落ちるのではないか?という心配があるかと思います。

復縁工作では「依頼者の情報を他者に流さない」というのが第一前提になりますが、依頼者の情報を流して復縁工作を行うといった悪質な復縁工作を行う会社がある事を知った上で契約を結ばなければなりません。

なぜ依頼者の情報を他者に流してしまうのか?そしてその他者とは誰なのか?

こういった疑問を持ったままにしてしまえば工作会社に対しての不信感は拭えません。

この様な会社の存在がある事を理解した上で工作の契約をするかどうかの判断をしましょう。

誰に情報を漏洩するのか?

復縁工作

悪質な工作会社は依頼者の情報を対象者、つまり「復縁したい相手」に漏洩してしまいます。

復縁したい相手に漏洩してしまえば復縁の可能性が低くなる可能性はもちろんありますが、それがキッカケで復縁に向かうといったケースもゼロではないのです。

情報を漏洩する際に工作会社側も「探偵」だという事は伏せますから、探偵だという事を伏せたまま知り合いを装い、接触する方向で進めば復縁の可能性が残されているという訳です。

しかし、こういった事を実際に行う悪質な会社は工作の技術がない工作会社であって、工作の技術がある工作会社は情報漏洩をする必要なく工作を完了させますが、情報を意図的に流す事で復縁の可能性がゼロになると思い込んでしまうのは誤りであるといった認識を持たなければなりません。

それが功を奏す場合もあるといった認識の元、工作プランを継続していく事が大切になります。

なぜ情報を漏洩させるのか?

情報を意図的に漏洩させるには理由が有り、情報の漏洩は必ずしも依頼者の事を漏洩させるとは限りません。

目的が復縁である以上、復縁に繋がる可能性は全て行うのが工作会社の業務になります。

工作会社の業務が復縁であれば、復縁の可能性が残されている手段として情報の漏洩を意図的にする事は決して間違いではないのです。

もちろん依頼者と打ち合わせをした上での情報漏洩でなければなりませんが、情報漏洩を意図的にする事でメリット、デメリットというものが出て来る可能性もあります。

メリットがある情報漏洩であれば必要だからこそ行うものになりますから、メリットを取る際に情報漏洩「させる」というのは目的が復縁であれば間違いでないケースもあります。

ただし、依頼者にデメリットしかない情報漏洩をする会社も存在しますので、そういった工作会社と契約しない様にご注意下さい。