復縁工作のプラン

復縁工作プラン

復縁工作のプランは多数あり、依頼者の状況次第で工作内容は臨機応変に変化していきます。ココでは過去の弊社復縁屋が行った復縁工作の一例をあげさせて頂きます。

家庭内別居のケース

復縁工作家庭内別居が何年も続いている状況を改善したいと復縁屋の復縁工作に依頼するケースは良くあります。この場合の多くがパートナーとの会話不足からパートナーが今の現状をどう思っているか?という事が分からず、更に冷静状態が続いてしまい、何を考えているのか分からない。どうすればいいのか分からない…という状況に陥ってしまう事が多々あります。

解決策としてパートナーの心情を聞き出し、どう思っているかが分かれば復縁にもっていく事が可能になるケースも多いのでパートナーへの接触を工作員がする事により、パートナーと友人関係を築き、今の家庭内での不満。今後どうしようと思っているのか?逆に本当は依頼者との関係を上手くやっていこうと思っているけれど、キッカケが分からない…と言うことを聞き出します。

こう言った情報を聞きだした後はそれに合わせて工作員の話す内容などを変えていき、家庭内の不満をどうすれば解消できるか?と言うことや離婚を考えているなら踏みとどまらせるようにする。といった相談の受け口になれる様な対応をする事でパートナーとの関係改善をアシストします。依頼者側にはパートナーの心情をその都度伝える事で依頼者がどう変われば関係改善ができるか?といった目標設定する事ができます。

家庭内別居による復縁のオーソドックスな接触の仕方になります。


自分が浮気して別れたケース

復縁工作依頼者が浮気をしてしまい別れたケースでは、2度と浮気をしないという依頼者自身の覚悟が必要になります。浮気をしてしまった後に怒って別れを決意されたケースでは、その怒りと言うのは「裏切られた」という心の傷をパートナーに負わせてしまった事を考えなければなりません。

裏切りの反対である信義的な人間になる努力を重ねて頂き、工作員は接触したパートナーに依頼者が実は過去の友人だった事を偽装して伝えた後は、今は誠実な人間に変わって来たと言うことを話の流れから伝えます。会話を同じ話題を何度も繰り返せば依頼者側の人間だという事に気付かれてしまうので時間をかけながらゆっくりと依頼者の変化を伝えつつ、復縁して関係が良好なカップルを演じます。

復縁して関係が良好なカップルを工作員同士が演じ、依頼者が変わった旨を伝えて行く事で1度の浮気を許し、もう1度だけ信じてみようと言う形の復縁にもっていく事が出来ます。頃合を見計らいパートナーと工作員が接触している場所に依頼者にも偶然を装って接触してもらい関係を取り戻す形の話しをして頂き、その際は工作員からも復縁をすすめ、タイミングを見計らってその場から離席させます。※このケースはパートナーに新たな恋人がいない等の条件があります。


パートナーが浮気したケース

復縁工作パートナーが浮気をしていたものが本気になってしまい、それが元で離縁になってしまった場合はパートナーと浮気相手とを別れさせる工作をした後に復縁工作員を接触させるという形になります。

浮気にも一過性のものと本気になってしまうケースがあるのですがココでは本気になって離縁されたケースを一例としてあげています。

浮気が本気になってしまったパートナーの新たな恋人に異性の工作員を近づけ、その工作員に夢中にさせるか、工作員との浮気現場を偽装して作り出します。浮気現場の証拠を元にパートナーに浮気の状況を伝え、関係を破局にもっていきます。その後に復縁工作員をパートナーに接触させた後は、パートナーへ過去にお付き合いされた方を思い浮かばせるようにもっていき、その中から依頼者の事を思い浮かばせた際は、依頼者と何故別れてしまったのか?と言うことをあえて聞き出します。

依頼者とは全く他人を装っている状態で、それだけ魅力のある人なら紹介して欲しいと形をつけ、パートナーから依頼者に連絡を取らせるような形をとり、「逃した魚は大きい」と言う状態を作り出します。工作員から言い寄られる依頼者の状況を見ているパートナーにしてみれば周囲の人間が褒める事によって依頼者と別れた事を後悔させ、浮気した事を悔い改めさせもう1度依頼者に向かせます。

依頼者の努力も必要ですが、隣の芝生は青く見えるという心理的作戦もあり、復縁に至る確率はかなり高いものになります。


パートナーと連絡がつかないケース

復縁工作パートナーにLINEのブロックや携帯電話の着信拒否などをされてしまい、一切の連絡を断ち切られたケースでも復縁工作によって復縁したケースは多数あります。パートナーの中にある依頼者への考え方を美化させなければならないので通常よりは少し時間もかかりますが、100%復縁が無理だという事もありません。

パートナーと連絡がつかないという事はそれだけそれだけ悪い印象を依頼者が与えてしまっているという事が考えられます。

しかし、人間の記憶は時間と共に美化されていき、更に言えば周囲の人間からの情報を記憶の1部とごちゃ混ぜにしてしまうという事があるので工作員を接触させた後は、依頼者の悪いイメージを取り払い、良いイメージのみを植えつけると言う工作をする事で実際に復縁に至った実例というのも多数あります。

工作員の能力もありますが、依頼者自身の努力がもちろん必要になってくるので工作員と依頼者の二人三脚で工作員がパートナーの心理状況を揺さぶり、更に新しい情報を聞き出していく事で復縁する可能性が高くなるのは間違いありません。


復縁工作