復縁メール

復縁メール

復縁には様々なツールがあり、復縁メールというものも復縁ツールの一つです。復縁にまつわる復縁メールとは一体どういうものなのか?関係を再構築させる復縁屋が実践するメールのテクニックを紹介させて頂きます。

内容を作り込む

復縁メール関係を再構築する為のメールで一番気になるのがどういった内容を送ればヨリを戻せるのだろう?といった事かと思います。ヨリを戻す為の内容が分かれば関係を取り戻せるのではないか?と考えられる方も非常に多く、こういった小手先のテクニックに頼るばかりに復縁のチャンスを失ってしまう事もありますが実践しやすい部分から内容の作り込みの仕方を覚えてみましょう。

内容の作り込み方には二通りあり、パートナーとの関係を友人関係から再度構築していく方向とすぐにでも復縁へと向かわせるものがあります。

復縁したいと思われる方は友人関係なんかに戻るのではなく恋人としてやり直したいんだ!!と思われる方も多いと思いますが、もう一度友人からやり直し、恋人へと発展させるというのも一つの手段だという事を理解して頂ければと思います。

恋人としてもう一度やり直すには何度も復縁したいという旨を伝えた所で一方通行な想いを何度も伝えてしまうので関係を再構築させる事は出来ません。一方的な想いは保険の様に感じさせ、保険の様に思われている状態では恋人に戻る事は出来ません。

恋人同士としてもう一度やり直したいのであれば一方的に好きだとアピールするメールを何度も送る事は厳禁です。何度もそういった想いを込めたメールを送る事によって安心感を与えてしまい上手くいかなくなる事の方が多いという事に気づきましょう。


時間をつかう

復縁メール復縁屋業界では時間を味方につける事が出来る人間は復縁のプロであるとも言われています。時間を有効に使う事でパートナーの心理状態を操作する事ができ、言葉では伝えきれないモノも時間の有効活用によって伝える事が出来ます。

心理状態を上手に操作する事で恋愛を上手くいかせる事が出来ますが、再構築させる為には時間の有効活用が出来なければ願う成果を出す事は出来ません。

時の支配を操作出来るモノは人の感情を操作出来、時を操る事ができれば一人前の復縁工作員です。

時間の操作とは実際に時間を早くしたり遅くしたりという人間には到底できない事を言うのではありません。時間をどの様に扱うかによって人の気持ちを操作する事が出来るという事を表しています。恋愛巧者は押し引き等の駆け引きが上手だと言われています。

そういった恋愛巧者の中には意識をしなくても時間を上手に使い、印象の与え方や引くタイミングなどを巧みに使う方が多いのも事実です。この操作を出来るかどうかでメールの内容にも深みが増してきます。


変化球と直球

あなたが好きだ。というメールの内容とあなたのこういう所がいいね。という会話があるとします。

こういう言葉をかけられてどちらが嬉しいか?という事を考えてみましょう。

あなたが好きだと言う内容は直球のように感じますが、実際はどこが好きなのかは分かりません。対してあなたのこういう所が好きだという内容はどういった所が良いのか?具体的な部分を指していますが、好きだという事は伝えていません。

復縁メールの巧みな技術はこういった細かい部分での差が出てきます。この細かい差が理解出来なければ一人での復縁は難しいとも言えます。


理解

復縁メールパートナーの気持ちを理解できていなければどんなに頑張っても復縁する事はありません。復縁を目指す人は、その段階で別れを経験していますからパートナーの気持ちを理解できていなかったとも言えます。

別れを経験した後にもう一度パートナーの事を考えれば復縁できる!!という考えもあるのは分かりますが、一度失敗しているという事実を理解しなければなりません。

別れを切り出される前にパートナーの事を考えていたのであれば今、関係を再構築したいと思いますか?

何故、関係を再構築したいと今思うのでしょう?それはパートナーの事を理解していなかったからです。パートナーの事を理解していないままメールを送っても何も解決はしません。解決しないどころか悪い方向に流れていくのが当然の様になります。

メールの内容など、小手先の技術に頼るのも一番ですが、まずはパートナーの事を理解するというのが復縁メールで一番大切な事になると言えます。どうしても復縁したい。けれど自分で考えてもどうにもならないという方は復縁工作についているアドバイスも参考にするといいかと思います。


復縁工作