別居中のパートナーと復縁したい

復縁

復縁成功事例


30代男性Hさんの場合

自分の浮気が原因で妻が出ていきました。復縁出来ますか?

復縁お酒を飲んでたった一度職場の女性に手を出したことが原因で妻が出て行った状況での復縁。依頼主が心底反省している状況を伝える為には依頼主の知り合いに頼んだところでは意味がありません。その為対象に女性工作員を近づけ仲良くなった所で依頼主の事を聞き出す事に成功。浮気をされ裏切られた事に怒りは収まっていませんでしたが怒りが強いと言う事はそれだけ想いがあった事の裏返しだと言う話しを徐々にしていき、別居した事への後悔する気持ちを引き出す事に成功。もう2度と浮気をしないならと言う条件を聞きだし家に戻させる事を約束させ、アフターフォロー期間中には依頼主に浮気は2度としないと約束させる事で復縁依頼を全て終わらせました。


40代女性Iさんの場合

理由が分からず出て行ってしまった主人と復縁出来ますか?

復縁理由が分からず出て行ってしまったと言う対象を調べ、居場所を突き止める所から始めました。居場所を突き止めた時には生活環境や金融機関からの督促状などの借金から逃げた経緯が推測され、依頼主に多額の借金があるもようですが、それでも復縁する形を望むかどうかの確認をとりました。夫婦の問題なので一緒に解決したいという方針を頂いたので工作員を主人に近づけその旨を直接伝えた所家に戻る事を決意されました。夫婦関係が拗れた訳ではなかったので比較的楽な復縁工作でした。


40代女性Jさんの場合

離婚届けを置いて出て行かれました。復縁出来ますか?

復縁離婚届を渡され提出して来てくれと頼まれたJさんが私たちの元に復縁工作の依頼をされに来た際、本当に離婚する気なら本人が直接出しに行きますよと元気づけました。離婚届を渡した真意がいかなるものなのか?を調査した所、実は離婚届を渡しても出さないだろうという主人の内心の思惑がある事に気づき依頼主にその旨を伝え安心させました。しかし依頼主に嫌だと思う所があるのも事実で依頼主に対象が直して欲しいと思う所を直す事をお願いし、それと同時に対象に工作員を近づけ依頼主が対象の思っている嫌な所を直す努力をしている事を徐々に伝えていきました。徐々に伝える事で少しづつ依頼主の変化に対して興味を示す事に成功し本人との接触を試みさせたところ復縁しても良いと言う返事をもらい復縁完了しました。アフターフォロー期間中にまた悪い癖が出ていないか?の確認もし依頼が完了しました。


20代男性Kさんのケース

彼女とケンカして家を出て行ってしまいました。復縁出来ますか?

復縁ささいな事でケンカをしてしまった依頼主と対象ですが言葉の行き違いや言い過ぎな部分があっただけなので彼女の状況を調べ上げ、誤解を解くために依頼主と対象を偶然出会わす形をとり誤解を解く形で復縁を迫りました。ケンカの原因が些細な事から変に拗れるでもなく話すきっかけがあれば復縁出来たので難しいものではありませんでした。アフターフォロー期間中にお付き合いを続けるにあたってどういった対応をすればいいのか等のアドバイスをさせて頂きその後別れたと言った話しを聞いていないので復縁後も順調に続いているようです。


復縁